ONAGAWA Lancers

女川町で自分らしく暮らし、働き、町の未来に一緒にかかわる。

女川という町は、どこの町にもある「働く」、「暮らす」に加えて、まちの未来に「関わる」という三つが一つになったライフスタイルを体現している町です。町の一人一人が自分の楽しみ方で「働くこと、暮らすこと、関わること」を一つにして暮らしています。そこには、町内の人とか、町外の人とかの壁は存在しません。ただ、この町が好きな人が集い、地方ならではの生活を楽しんでいます。都会ではなかなかできない、暮らして、働きながら「まちの未来に関わる」。そして町の未来は自分たちで作っていくという楽しみをぜひ、女川に「試しに住んで」みて体感してみてください。

震災後、女川町では自分のやりたいことをしたいと町内外の若い人から主婦だった方、年配の方まで様々な世代の人が起業しています。

町の方も、面白いアイデアは大好きで、やりたいことがある人に「やったらいいよ!」と背中を押してくれる。

そんなチャレンジを応援してくれる町なので、みんな自分のやりたいことを楽しみながら仕事をしています。

女川で暮らすと、笑顔になる数が増えます。

人口7000人の小さな町です。夜、町の飲み屋に行けばすぐに知り合いができ、

町を歩けば知り合いと必ずすれ違う機会も多い。道の真ん中で「元気ー?」なんて会話もよくある風景。

町の人はみんな温かくて、優しい人たち。そんな人たちと話すと思わず笑顔になります。

女川の魅力は町内外関係なく、自由に町の未来について考えられる機会が設けられていることです。町内外、老若男女、行政と民間、それぞれがそれぞれの立場で自由に話をしています。

JR女川駅前の「女川フューチャーセンターCamass(カマス)」では月に一回、このような町の未来を考えるフューチャーセッションが行われています。ここで話し合われたことが、具体的にプロジェクトになって町を創り始めています。界と繋がるための起業家や人材が必要とされています。

当サイトの運営会社である「特定非営利活動法人 アスヘノキボウ」は、クラウドソーシング業界のパイオニアであるランサーズ社のエリアパートナープログラムと共同し、本サイトの制作・運営、創業支援の為のイベントの広報などの活動をしています。「ひとづくり・組織づくり」と「産業活性化」を実現させることで地域の変革に寄与することを目的として活動するアスヘノキボウと、地域での取り組みに多数の実績を持つランサーズが、相互のノウハウを提供し合い、地域産業の活性化や新しい働き方の普及を行っていきます。

  • アスヘノキボウ 公式サイト
  • Lancers 公式サイト
エリアパートナープログラムとは・・・

ランサーズが自治体や地域の事業者である「エリアパートナー」と連携し、
クラウドソーシングを通じて地域に仕事を創りだす取り組みです

  • 広報 インターネットを活用し自宅にいながら働きたい人材に向けて情報を発信します。
  • 人材育成 若者・女性への仕事獲得を支援します。
  • 仕事機会の創出 地域外の仕事を獲得することで、地域における循環経済を構築します。

お知らせ

女川町に関するその他のお知らせ