女川で生み出す

二日目:復幸男で400mダッシュ!

2018年3月25日
約 1 分

最新のお知らせ

More

昨日は女川滞在二日目。一日目から素敵な方や場所にたくさん出会い、わくわくが止まらないまま二日目に突入です。

(ブログ投稿が遅くなっていますが、一日目については一日目の投稿に後で追加させてもらいますので、是非見てくださいね!)

今日は朝から快晴でとっても気持ちが良く、アスヘノキボウの後藤大輝さん、HLAB関係者のみんな、そして他の移住体験プログラム参加者のあやさんときみかさんと一緒に女川町地方卸売市場で朝ごはんをいただきました!(たいきさんのものまねが上手すぎるちーばくんも今日まで女川にいました!二人はまるで兄弟のようだったな~笑)

私が食べたお刺身定食はこれで1200円!?っていうくらいてんこ盛りの上、くじらのお刺身までという贅沢な定食…! くじらは食べたことがなく初チャレンジでしたが、お肉のようなお魚のような、なんとも不思議な感じで、でも新鮮ですごくおいしくいただけました。

その後は大輝さんに町を少し案内してもらい、港に行ってみたり、ハマテラスの壁に埋め込まれたスペインタイルを見たり。初日にお会いした高橋さん営む、素敵な女川グッズ満載のMARUSANさんを訪れたりもしました!

そしてゆぽっぽでリフレッシュした後は、かまぼこ屋さんの高政さん本店でかまぼこ工場を見学し、かまぼこの手焼き体験までさせていただきました!焼く時のコツも教わり(乾燥で固くなるのを防ぐために一度しかひっくり返さないこと、だそうです!)、わさび塩でそれはそれはおいしくいただきました…!

その帰り道には「がんばっぺ東北!おだづなよ津波!」という文字が高政さんの駐車場に書いてあることを発見。「おだづなよ」は「ふざけるなよ」という意味だそうです。そう教えてくださったタクシーの運転手さんは女川に住んでいる方でしたが、東日本大震災の際は仙台までお客さんを連れて行っており、津波からは逃れられたそうなんです。でも震度7強の地震が10分程続き、それ以降震度3-4くらいでは驚かないようになったと話してくれました。

そして急いで戻った後は、待ちに待った復幸男のイベント!参加者には、復幸男に渡されるはっぴと同じ黄色に恵比寿さんが描いてあるという特注の軍手や、毎年福男選びを行う西宮神社の近くの中学生からのメッセージもいただき、心温まりながら抽選した結果…HLABチームのほとんどは残念ながら後ろの方の順番を引いてしまいました(笑)

この行事は津波から逃げる時に安全な高台まで走るという避難訓練の意図も含めていることや、100年続けることで女川町を襲った震災や津波を忘れない、ということを考えて始まった行事だとスタート前にアナウンスがあり、町に津波が到達した15時32分、「逃げろー!」という合図で実際の避難経路を皆が一斉に走り出す、という強烈なものでしたが、純粋に400m坂道をみんなで走る、という経験はどこか楽しく清々しかったです。

復興男はこの人!陸上選手のような三人で、もちろん私が史上初の福幸女となることも、HLABから走った5人の誰かが福幸男になることもできませんでしたが、前年度3位でリベンジしに来たという彼の熱意には感嘆しました。

そして更なる熱意を持っていたのが、元祖福男の地の西宮神社で過去二回福男になったことのある平尾さん!彼の言葉で印象的だったのが、

”震災が起きたら、障害を抱えてても、何が何でも走らなきゃいけない、逃げなきゃいけない。だから自分も走るし、走ることでこの行事に賛同していることを示せる。”

右足に障害を抱えていても走るその信念の強さや、この行事を広め伝統にしたい、震災を忘れないようにしたい、という想いにさらに感嘆しました…!

 

その後は走ってお腹も空いたので、おかせんさんで海鮮丼を食べ、そしてガル屋へ。飲み物が蛇口から出てくる面白いクラフトビールのガル屋さんには噂通り本当に色んな人が集まっていてびっくり…!

今日復幸祭に出店した似顔絵世界チャンピオンの田中ラオウさんや、石鹸工房のくりやさん、そして町長さんまで、様々な人とお話できました。

ラオウさんは自分の経験から、もっと楽しそうな大人が周りにいるべきで、そうやって色んな幸せの在り方が世の中にあってもいいんじゃないか、ということを伝えていきたいという想いを聞かせてもらったり(HLABにも共感して来てくれると言ってくださいました!)。彼自身も人生に悩んだ時、一つの大きな信念として他者から尊敬されたい、という想いから何かで世界一になればいい、と思って似顔絵世界チャンピオンを目指したそう。HLABの一人の似顔絵も即興で書いてくださったんですが、なんとまあ5分もかからずにそっくりの絵が出来上がりました!すごかった…!

くりやさんからは石鹸作りに携わった経緯を聞いたり。仮設住宅でおばちゃんたちが楽しそうに石鹸作りに盛り上がっていたのを見たのがきっかけで興味を持ち、女川で何かお店をやろうと思った時、かわいいが足りない!と思っておしゃれなせっけん屋さんを始めたそう。初日にもポプリの詰め放題をさせてもらったけれど、本当にかわいくて良い香りがする、素敵な素敵なせっけん屋さんだったのはそこからなのか!と興味深くて。

「東京みたいにむやみやたらとなんでもあるところに憧れるより、誇れるものがその土地にあればかっこいい」

って言ってたのも、印象深かったです。本当にそうだなあ、と。女川はそんな魅力で溢れてるし、だからこそくりやさんも言ってたように、色んな人が魅力を感じて他の人にも紹介したり連れてきたりする、そんな口コミで広がる町だなあとしみじみ思いました。

町長さんも、アイディア出すのは他の人で、自分はいいなと思ったところに食いつく、と話してたり。年齢とか肩書とかで壁を感じさせない、ざっくばらんにフランクに話せる面白い方ばかりでした!笑

そこで会った、石鹸工房KURIYAでインターン中の同い年、まつもっちゃんも本当にいい人で!コミュニティデザイン学科というところで街づくりを勉強していて、そのフィールドワークに女川へ来ているそう。山形住みなのに、一番遠くて島根の海士町までフィールドワークに行ったことがあるそうで!自分の出身福島の地元は原発の影響で避難区域になったこともあり苦労も多かったようですが、その時地元の外に出たことで地元が好きだってことに気付いたこともあり、その経験は今の進路につながっているそうです。私も、まつもっちゃんが東京に来た時によく行くおすすめの文具屋さんを教えてもらい、自分の住んでいる土地から離れたところで地元の良い所を新たに発見できました!

面白く怒涛の一日でしたが、今日ももちろん復幸祭で充実した一日でした!

ですがもうすでに長いのでそれはまた別の投稿で~!

 

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • 過去のお試し移住者一覧
  • アーカイブ
  • 2日目  温泉でゆっくりと
  • 港町の食

    港町の食

  • お試し移住の女川は女川だけじゃない
  • 4日目  初日の出見れました☺︎
  • 湯ぽっぽより愛を込めて再
  • 高政さんは笹かまだけじゃない!
  • 私がお試し移住をした理由
  • プロムナード開通

    プロムナード開通

Facebookコメント

ピックアップ記事

女川移住最後のランチ