女川で生み出す

女川のイベント「我歴STOCK in女川 ~溌進編~」に参加してみた

2018年6月19日
約 1 分

最新のお知らせ

More

女川ブログも、いよいよ終盤。

この週末に開催された、女川の有名イベントの1つ。
「我歴STOCK in女川 ~溌進編~」に参加してきました。

個人的には、たのしすぎみすぎた結果、反省が多いですが(苦笑)、
イベントそのものが素敵だったので、シェアします!

 

 

6/17(Sun.)
女川に滞在して数日経った頃、
夜町を出歩いていたら、我歴STOCK の存在を教えていただき。

話を聞いてすぐに、たのしそう!と思い、即参加を決めました。笑

我歴STOCK とは…?
地元女川に住む若いメンバーが中心となった団体「女川復幸丸」のみなさんが、企画・運営をするイベント。
2011年3月11日に起こった震災を受けて立ち上がり、その年の10月に第1回目を開催。
女川の復興計画が8年なので、それに合わせて毎年行われており、2020年が最終回の予定となっています。

イベントの名前の由来。
HPには、こう紹介されていました。

「我歴(ガレキ)」には、震災の津波で破壊された家々や町が瓦礫と呼ばれるのを聞き、
「瓦礫ではない。私たちの歴史そのものだ」という思いを込めました。
さらに、新たな我らの歴史をこれからストック(積み重ねる)していこうという希望も託して。

 

若いメンバーが、女川を盛り上げるため、
女川の復興を支えるべくして、立ち上げたこのイベント。

今回は、ボランティアもさせていただいたのですが、
皆さんの細かな配慮、来ていただいた人に楽しんでもらうためのコンテンツ作り、とても素敵でした。
子どもと大人が、一体となって、楽しめる場でした。

 

アーティストのみなさんも、
地元の方もいれば、みんなが知ってる有名アーティストの方もいたり…!
それでいて、この距離感で聞けちゃうのが、最高です!

地元の子どもたちのダンスも、大盛り上がりでした!!


 

中でも、めちゃめちゃ感動したのが、D-BONSさんのライブペイント。

D-BONSさんは、女川出身のグラフィティアーティスト。
この日は、イベント開始~終了までに、大きな1枚のグラフィティを完成させるという企画。。

その過程が、本当にすごかったです。。!

スタートは、真っ白な4枚の板。

 

ここから、すべてスプレーを使って、下書きなしの絵を書き始めます。
※まっしろな状態を撮り忘れ…途中段階ですみません。

この時点で、なんとなく完成像がイメージできると思いきや。

 

予想を遥かに上回る、完成でした。

 

完成版が、こちら!

絵、といっていいのか…、
でも、”絵”を見て、こんな感動したり、興奮したのって
初めてなんじゃないか、っていうくらい、かっこよかったです。

 

しかも、この日は、イベントがあることを伝えたら、
職場の先輩、仙台にいる友だち、職場の元上司とお父さん、そして実の弟。

たくさんの人が女川に駆けつけてくれて、本当に幸せな時間でした。

みんなで、作品を前に、記念撮影!

だいすきになった、この女川の地で、
素敵な音楽と風景を、目の前で堪能して、
たいせつな人たちと、女川を満喫して、
たいせつな人たちが、また女川を好きになって帰ってくれる。

 

こんなしあわせなことない!!

 

本当に、そう思ったイベント・時間でした。

 

 

女川滞在期間の最後の休日。
こんなふうに女川をたのしめるだなんて、思わなかったです。

素敵なイベントの企画・運営、ありがとうございました。

 

女川での「最高の思い出」が、また1つ増えました!

 

 

 

あまり

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • 過去のお試し移住者一覧
  • アーカイブ
  • 美味い!女川!

    美味い!女川!

  • 冬至キャンプ2016

    冬至キャンプ2016

  • さんぽ

    さんぽ

  • 戻ってきました!!(今更…)
  • お試し移住最終日「女川で学んだこと」
  • 佐藤 美彩喜 1日目
  • おながわの”食” part.6
  • お試し移住Day2

    お試し移住Day2

Facebookコメント

ピックアップ記事

今日は特選女川丼!
初めまして

初めまして

女川 2日目

女川 2日目