女川で生み出す

滞在中の仕事はフューチャーセンター女川『Camass』で!|三河の“走る”移住生活 Vol.4

2016年3月26日
約 1 分

最新のお知らせ

More

今回のお試し移住、仕事を休んだわけではありません。そもそもフリーライターの私は、あまり“休日”という概念なく働いています。すべては自分のスケジューリング次第。5日間の滞在中、デスクワークを中心として仕事を女川へと持ち込みました。これは、『女川に滞在しながら、どこまで仕事をこなせるか』を知りたかったという理由もあります。

では女川滞在中、どんな環境で仕事していたのか。今回のブログでは、そのことについてご紹介します。

■フューチャーセンター女川『Camass』

写真 2016-03-21 13 06 02

女川駅から徒歩1分の場所に、窓のたくさん設けられたこちらの施設があります。周囲には芝生が敷かれ、一見するとレストランや宿泊施設などにも見えるかもしれません。こちらが、女川フューチャーセンター『Camass』です。

イベントを開催したり、コワーキングスペースとして利用したり。会議室まで完備されており、地元民から旅行者まで、さまざまな方が訪れる施設。こちらが、女川滞在中のワークスペースとなりました。

写真 2016-03-21 13 06 28

ガラス張りでオープンなこちら、日曜を除き9:00〜20:00まで営業しています。私が滞在している間には、広いスペースを貸しきって幼稚園を卒園した園児&保護者の集まりなどが行われることもありました。まさに“多目的”スペースです。

写真 2016-03-22 15 52 49

施設内にはカウンター、テーブル、ソファ席があり、電源も利用可能。さらに無線LANも使うことができます。その他、コピー機やプロジェクター等の設備、有料の飲み物も。仕事するうえで十分な環境といえるのではないでしょうか。日当たりがよく室内は明るいので、気持よく仕事に取り組むことができました。

■その他の場所でも仕事はできる

写真 2016-03-25 8 10 17

Camassの営業時間外なら、駅前にあるシーパルピア女川のテーブル席を利用するのもオススメ。インターネットや電源は利用できませんが、ゆったりとした空間で仕事ができます。また、暖かな日であれば、海を眺めながら外のベンチというのも良さそう。気分に合わせて、場所を転々としながら仕事してみてください。

ちなみにCamassは荷物を置いておけるので、「集中力が切れたから、ちょっとその辺をプラプラしてこよう」なんて自由な動き方も可能。また、地元の方も多く集まるので、意外な出会いが得られるかもしれません。こうした環境のため、個人的には保養所的な位置づけで、ちょくちょく訪れたいなと思いました。

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • 過去のお試し移住者一覧
  • アーカイブ
  • シェアハウス生活4日目
  • 今日のご飯

    今日のご飯

  • シェアハウス3日目のご飯レポート!
  • 3日目、風邪ひいた🤧
  • シェアハウス 折り返し
  • シェアハウス3日目😆
  • シェアハウス生活3日目
  • シェアハウス2日目!
  • 白い女川

    白い女川

  • はじめまして!お試し移住の あや です!
  • facebookが秘める、女川の無限の可能性。
  • 新しいスタートをきるためには、覚悟を決めなければならない。
  • 女川/地方に関わるきっかけプログラム
  • 「ボランティア活動」を目的にしないということ。
  • 女性版フューチャーセッション
  • シェアハウス 折り返し

コメントはこちら

*

CAPTCHA


Facebookコメント

ピックアップ記事

女川人だからこそ知る、隠れた一品!