8/2〜8/4 募集中!女川/地方に関わるきっかけプログラム

8/2〜8/4  募集中!女川/地方に関わるきっかけプログラム
開催まで1ヶ月を切りました! 女川/地方に関わるきっかけプログラム。   こんな人にはぜひ参加してほしいプログラムです。
  • 女川とこれから仕事やプライベートで関わりたい。
  • 女川のまちづくりを学んで、地元のまちづくりに活かしたい。
  • そもそも地方と都市部の違いって何?地方で何かチャレンジしたい場合は、どう始めたらいいのかわからない。
  本プログラムのおすすめポイントは、女川のまちづくりのキーマンに直接話を聞けたり、フィールドワークを通じて、地方の現場を体感できることはもちろん、最大でも定員8名という少人数制で行われることです。講義よりも対話形式を重んじているため、自分自身の考えや悩みをゲストや事務局に共有できるほか、一緒にどうそのアイデアが実現できるか伴走することが可能です。   さらに本プログラムは、お試し移住プログラムと合わせて参加すると、「お試し移住+女川/地方に関わるきっかけプログラム」のセット参加費29,000円という破格で、参加できます! ぜひこの夏、あなたと地方が関わるきっかけに、女川で学びましょう。    

投稿者プロフィール

後藤 大輝
後藤 大輝
特定非営利活動法人アスヘノキボウ プログラム開発部

大学在学中、東日本大震災のボランティアをきっかけに、東北へ足を運ぶようになる。外交官を志していたが、今後の東北(被災地・地方)から面白いことが生まれていくのではないかと確信し、在学中に女川町へ移住。

女川町を拠点にまちづくりを学ぶプログラムをテスト的に実施した後、2016年10月にアスヘノキボウ入社。現在は、女川をフィールドにビジネスや文化活動をする人を生み出す活動人口創出事業(お試し移住プログラム、女川/地方に関わるきっかけプログラム、創業本気プログラム等)に取り組んでいる。2017年3月 明治大学国際日本学部 卒業。

出身:東京都
趣味:音楽鑑賞、水タバコ、ナイトサファリ、ボードゲーム
最近の関心事:狩猟
一言:地方で何かチャレンジしてみたい、学生新卒で地方 ・NPOで働くことに興味がありましたらお気軽にお声掛け ください。
Close Menu