女川で生み出す

≪ヒトサラの旅 女川編≫ おにぴ

2016年8月5日
約 1 分

最新のお知らせ

More

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
徳島県上勝町で「起業家育成」「シェアハウス」「ゲストハウス」「カヤック」「その他」を
していますおにぴこと、大西です。
*なぜか、女川だけ「おおにしライオン」と呼ばれています、がおー^^

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

一般社団法人ソシオデザイン⇒会社のホームページ
個人ブログ⇒おおにし個人ブログ
「人さらいの旅にでる」のが目的なんだけど。。。。
うちの街も御多分に漏れず、過疎化の波にもまれもまれて、現在1654人。
 毎年80人近く減っていって、高速の坂を落ちるがごとく笑
 人が入れど入れど、追いつかない、そんなとっても、危機感あふれる素敵な街でございます。
 しかしながら、高齢者の人たちが、妻もの用の葉っぱをとって2億円以上売り上げを誇るいろどり事業や、
日本初のごみゼロ宣言を行い、34分別(実質50以上あります)に、7割以上のリサイクル率を誇るなど、なんでも日本一を目指すのが好きな、やる気本気元気な街でもあります笑。それ以外にも、2012年以降、約20以上の事業が立ち上がり、ちょっとした起業の街にもなっています。
 さて、今回は、高松をスタートに、うちの街を面白くしてくれる「プレイヤー」を探しに全国行脚中(人さらい。略してヒトサラと呼んでます)で、最後に、女川町にやってきました。けど、何をするのか、まさに計画的無計画(笑)。何かが起きる偶発性を楽しみにしています。
 13876555_1094032647344297_95285111315919363_n

さて、初日。

実は女川は二回目。
建設ラッシュの続く女川町ですが、どういう街並みを構成していけばいいのか、興味深く見てみました。

 

都市計画でも重要視されてきた手法として、ゾーニングという方法があります。ここは工業地帯、ここは住宅街、このあたりは商店街というふうに、目的別にエリアを分けて、街を構成する手法です。これは合理的な考え方で、目的にあった街構成ができる点で有効な手法とされています。(図1 イ)

jeikobusu

*マスはそれぞれ用途別の建物を表しています。同じ形は同じ種類の用途の建物を表しています。

これと正反対に、ランダムに秩序なくできあがったのが、図1のアです。中華店のとなりに家、電機、不動産みたいに、統一性なく街並みができているパターンです。この光景もどこにでもあるパターンのように思います。

*ウは、アをベースに、異種用途が一マスごと離れて混在するように構成したもの。

そして図1のエが、ゾーニングと混在をかけあわせたものです。

いまの女川町の街の構成もこれに近い形で、建設が進んでいます。交通と商売を基軸とした駅前のゾーニング、駅裏で開発している住宅街、海岸での水産業地帯というふうに、近接しているなかで、同種用途で集積しているゾーニングの組み合わせが配置されてできています。

ここで課題となるのは大きくは三つの点で、一つは、都市計画に大きな影響を与えたジェイコブス課題(つまり、都市は、できるだけ混在させたほうが異業種文化の混ざり合いが起きて、クリエイティブでおもしろい街になる)でして、これには批判もあるものの、狭いエリアでいろいろなものがあるほうが面白いように思います。例えば、神山(神領)なども、車で行く程のことのない、狭い距離のエリアのなかに、サテライトオフィス、飲食店、雑貨店、農家、温泉、住宅、道の駅、川などなどと混在することで、人の交流が発生しやすくなっています。また、昼間だけ人口が多いオフィス街などと違って、混在すれば、人の交流はずっと続く可能性も高く、その交流による化学反応が起きやすくなるのは当然です。言い換えれば、クリエイティブな街にしようと思えば、接触頻度をあげるような仕組みを内側にもった「街」に設計する必要があるということです。

二つ目に、ジェイコブス課題が新たに生む問題でもあるのですが、混在させたほうがいいのはわかりますが、「街の景観は混在させたほうがいいのか、それとも統一したほうがいいのか」です。
実際に、駅前商店街であるシーバルピア女川は、シックな黒を基調とした外観で、落ち着きのある街並みですが、そこをずれると、色の異なる、テイストが違った建物がさっそく建設されています。ジェイコブスが事例に出したアメリカの事例では、古くからの建物が統一感をもって並んでおり、この課題はでてこないのですが、日本では、屋根の色や瓦を統一させて、地域の景観を保っているエリアと、新たな家が混在して、屋根の色もバラバラの新興住宅街みたいなのもあります。また同じ形の分譲住宅が並んで景観は統一されているとはいえ、無機質な感じの街もあり、どういった景観ルールを考えていくのかも、この混在モデルには課題が生まれます。

三つめは、集落のアイデンティティ課題です。新興住宅街で起きるのは、その住宅街での「おらが街」感が生まれにくいことです。これをどうやって醸成していくのか。女川町しかり、震災後のエリアでは同様の課題が起きてくるところがあります。

これらの3つの課題について、昨日自分なりに整理してみました。

ここから先は、ひ・み・つ^^
*引用
別冊環『ジェインジェイコブスの世界1916-2006』藤原書店.p71

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • 過去のお試し移住者一覧
  • アーカイブ
  • 女川をみてみたい

    女川をみてみたい

  • 移住します〜20180122
  • 明日は…☺️

    明日は…☺️

  • 女川の生活が終わりました。
  • 2018年初ブログ!

    2018年初ブログ!

  • 4日目  初日の出見れました☺︎
  • お試し移住のナツホです!!
  • 女川堪能記  No.1

    女川堪能記 No.1

コメントはこちら

*

CAPTCHA


Facebookコメント

ピックアップ記事

またね女川

またね女川

養殖ホタテの水揚げに挑戦