視察の申込について

視察について

(1)講演

女川町の復興のまちづくり
NPO法人アスヘノキボウの事業について

2011年3月11日の東日本大震災で町の約8割が流出し、0からまちづくりを民間主導で動かしてきた女川町の公民連携のまちづくりについて学ぶことができます。また、地域のハブとして、女川町内外を繋ぐ役割を担っているNPO法人アスヘノキボウの事業についてもお話し致します。

(2)町案内

女川町のまちづくりについて実際に町を歩きながら、ご案内するツアーです。コンパクトシティを意識したグランドデザインや、実際に町で生まれている事業について駅前店舗を周りながら、その目的・背景・事業内容を濃縮して聞ける1時間です。

女川町とアスヘノキボウの紹介

女川町について

民間発進の若手中心のまちづくり。

2011年3月11日の東日本大震災で発生した津波により、女川町では827名(10,014名)が犠牲になり、町の建物の8割が壊滅的な被害を受けた地域です。その状況下で、震災後わずか9日で民間を中心とした「復興連絡協議会」が組織され、当時30代〜40代の若手が中心となり、まちづくりを進めてきました。

持続可能な地域を目指した挑戦。

日本全体で人口減少が進む中、いかに持続可能な町を創っていけるか。これまでの水産業の町に留まらず、「あたらしいスタートが世界一生まれる町」を掲げ、公民連携をしながら、選択される町づくりに取り組んでいます。

国内外から女川に。

現在では、国内外から企業・団体がまちづくりや起業家に学びにきています。女川のまちづくりは、ハーバード・ビジネス・レビュー(2017年6月号)などの機関紙に取り上げられる他、海を見える地域造成や公民連携での取り組みが評価され、2017年に都市景観大賞・都市空間部門の最高賞、2018年にはアジア都市景観大賞にも選出されています。

NPO法人アスヘノキボウについて

事業再建・新規事業立ち上げを支援。

2011年3月に発足した復興連絡協議会の戦略室として、事業者の再建・新規事業の立ち上げを支援。2013年4月にNPO法人アスヘノキボウとして、登記した。2011年〜2017年までの起業支援数は19。

地域のハブ機能としてのNPO。

人口減少・少子高齢化が進んでいる地方。複雑な地域課題は、行政・民間などの各セクターが単体で解決することが難しくなってきています。そこでアスヘノキボウは、行政と民間の連携をサポートし、必要によっては、地域外から必要な資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を繋げる地域のハブ役としての役割も担っています。

女川から日本・世界の課題を解決する。

地方は日本、そして先進国を中心に世界がこれから直面する社会課題の縮図だと考えています。その中で持続可能な社会のあり方を模索するために、①課題の抽出(データ事業)、②計画(健康プロジェクト)、③事業(活動人口創出事業、人材紹介業、研修事業、フューチャーセンター事業)など、ビジネスの視点を持って、社会課題を解決する事業に取り組んでいます。

視察申し込みの方法

料金について

①講演・町案内(所要時間:120分)

基本料金として27,000円[税込](5名様まで)頂戴いたします。5名を超える場合は、お一人様につき、5,400円[税込]となります。(例:6名の場合は32,400円となります。)*所要時間内訳:講演45分+質疑応答15分+町案内60分

②講演または町案内 どちらかの場合(所要時間:60分)

基本料金として16,200円[税込](5名様まで)頂戴いたします。5名を超える場合は、お一人様につき、3,240円[税込]となります。(例:6名の場合は19,940円となります)*所要時間内訳:講演45分+質疑応答15分

お支払い方法について

お申込みのメールを受領後、概ね5営業日以内にお見積書とご請求書を送付いたします。内容をご確認頂き、視察日の3営業日前までに、請求書に記載の振り込み口座へご入金頂くようにお願い申し上げます。

※上記以外のお支払い方法をご希望の場合は、別途ご相談ください。

申し込み手順について

下記の申込みフォームに必要事項を記載ください。

申し込みに必要な内容:①ご希望の日時(対応時間:月〜土の10時〜18時、集合場所:女川フューチャーセンターCamass)、②人数、③視察の目的、④視察の背景、⑤視察で重点的に聞きたいこと。*④、⑤は必須ではございません。

Close Menu