若者のジレンマ~滞在二十六日目~

若者のジレンマ~滞在二十六日目~

今日はアルバイトがお休みです。

以前お試し移住で女川に来て、実際に女川に移住した方とお話しました。

去年はお互いに新卒として東京で働いていました。

今年から自由な生活を謳歌しています(そこまで余裕ではないが)。

多くの地方に行って結果的に女川を気に入ったようです。

移住組も増えていて20代の若者が多いです。

しかし実際にそのままいるとすると生活や出会いといった面で今までとの違いを実感するようです。

同世代に偶然出会うという機会が少ないのは事実です。

実際は東京でも「行動しなければ」出会いはありません。

昔はお見合いといったものから結婚相談所に移行して、更に手軽なアプリを使う若者が増えています。

ただオンライン上での関りは便利である一方で、会った時のギャップがある場合があります。

他には業者(ビジネス目的)もいて健全性という面で飽和化しているのも現実です。

かといって街コンとなったら仙台まで出向く必要がでてきます。

生活面では労働収入以外の収入源を近くの人から聞く機会は東京よりは乏しい点もあります。

ただそれこそ行動力があれば自分でリサーチして新たなビジネスをすることは可能です。

地方の方が環境はいいし余計な誘惑はないのでベストな状況です。

意欲があっても手段や方法を見つけられない若者は多くいることは再認識しました。

私がこれから想像していくビジネスはザイオンス効果(接触頻度が上がる程親密度が上がる効果)を利用したコミュニティ形成です。

最初から恋愛やビジネスメインで一回会っただけで成就出来ないなんて目に見えてますからね。

それもオンラインサロンといった閉鎖的で中央集権的組織ではなく、開放的で非中央政権的組織を目指していきます。

人は一生のうち関わる人はほんの一部です。

ただオンラインという手段がある以上出会うべくして出会う確率を上げることは出来るはずです。

デジタルデバイド(情報格差)を是正して無料で誰でも情報を取得出来るようにして、送受信を全員でやっていくというのが目指すべきビジネスモデルです。

都会から始めていきますが女川を始めとした地方にも伝播していきます。

投稿者プロフィール

照井雅和
照井雅和
岩手県出身の24歳。大学から東京で、去年は大学卒業後に東京で新卒のサラリーマンとして勤務。副業で行っていたビジネスを本業にしたものの法的にグレーなことだと発覚して脱退。人の拠り所となるコミュニティの形成のためライフスタイルを変えてみる地方移住を体験して、復興で注目される街である女川町について情報発信中していきます!
Close Menu