しがらみからの解放~滞在十一日目~

しがらみからの解放~滞在十一日目~

二日間「おかせい」さんで働いてから今日、明日は休みになりました。

コワーキングスペースに行って作業しました。

焼肉屋「幸楽」さんは月曜日だけランチ営業をしていたのでルームメイトの方と伺いました。

ワンコインでハンバーガーとスープ、ドリング飲み放題でした。

これは非常にお得ですね。

フリーランスメンバーが四人中二人いなくなってしまい、コワーキングスペースも少し寂しくなってしまいました。

そして何度かお伝えしていたコミュニティのメンターとお話しました。

高額商品を作成するのを念頭に話をされましたが、今の私には全く響きませんでした。

一件取るかどうかで生活がかかってくるうえに継続性がないため、これ以上は続けられないです。

今日の話ではぼやかしておきましたが、ミーティングの直後に継続費の支払いを停止しました。

これで私もまっさらの状態に戻りました。

ただむしろこれからだと思っています。

夜は久々にというか初めて?シェアハウスに真っすぐ戻りました。

ルームメイトが帰社してから熱い話を展開していました。

お互い若いのに正社員で働くことに疑問を持っていました。

ただフリーターとしての生き方は選択肢に限界があり難しいことも聞きました。

二年間やっていたのは実体験として重みがありますね。

私もこれからの選択はしっかりとしていかなければなりませんね。

明日は東京のビジネスパートナーと今後の社会人サークルをどのように形にしていくかについて話し合います。

それをどのように運営していくかについても決めていきます。

結果次第では上京することもあるかもしてません。

ビジネスとして形にするには絶好の機会ですね。

丁度コミュニティも脱退しましたしね。

何かを抜けると同時に出来ることは他にもあるのは幸運だと思います。

一年間で東京で築いたものを一か月でも女川で体現してみるのもありかなと思います。

起業等のアントレプレナーシップがある人が集う場所にしていくのも面白いですね。

投稿者プロフィール

照井雅和
照井雅和
岩手県出身の24歳。大学から東京で、去年は大学卒業後に東京で新卒のサラリーマンとして勤務。副業で行っていたビジネスを本業にしたものの法的にグレーなことだと発覚して脱退。人の拠り所となるコミュニティの形成のためライフスタイルを変えてみる地方移住を体験して、復興で注目される街である女川町について情報発信中していきます!
Close Menu